発表力養成英語

英語エッセイ

◆counterargument
反論の書き方~counterargument~




反論 ( counterargument ) には以下の3種類の方法があります。

  

acknowledging
その反対意見の重要性を認めるが、同意はしないこと
conceding
「その反対意見は論理的に正しい」と同意すること
refuting
「その反対意見は論理的に間違っている」と論破すること

通常、「見解を議論するエッセイ」、あるいは「解決策を提案するエッセイ」の中で、これら3つの反論方法の内、一つ以上の方法を組み合わせて使います。


反論する方法に、「その反対意見は正しい」と同意することが含まれていることに対して、これから「見解を議論するエッセイ」、あるいは「解決策を提案するエッセイ」を書こうとする人はこう思うはずです。

「予想される読者の反対意見に同意してしまったら、私の主張が弱くなってしまう」

しかし、あなたが読者だった場合を想像すればわかると思いますが、書き手が読者の反対意見を道理にかなっているため、しぶしぶながら正しいと同意したなら、読者はその書き手を「論理的であろうと心がける人物」、「読者の立場に立って議論を進めようと心がける人物」であると捉え、その書き手に対して好意を抱くはずです。

逆に、書き手が読者の反対意見を無視したり、軽視したりして、書き手の勝手な都合と独断で、押しつけがましく議論を進めるのなら、読者はいらいらし、感情を害し、読むのをやめてしまうでしょう。

読者の反対意見が道理にかなっているなら、「その反対意見は正しい」と同意することで、その「見解を議論するエッセイ」、あるいは「解決策を提案するエッセイ」は、より信頼できるエッセイとなります。


これら3つ反論方法の中でわかりづらいのは acknowledgingconceding の違いです。

単語 acknowledge の意味を英英辞書で調べると

to show recognition of the existence and importance of something
(何かの存在と重要性を認識していることを示すこと)

とあります。つまり、 acknowledge は「その反対意見に同意していない」のです。

単語 concede の意味を英英辞書で調べると

to admit something in an unwilling way
(何かを、しぶしぶ認めること)

とあります。つまり、 concede は「その反対意見に同意している」のです。


以下は私の作った例えです。

acknowledging objections とは、気になっている女の子(反対意見)をリストアップすることです。その存在をリストアップするだけで、デートには誘っていません(議論の中核に取りこんでいない)。

conceding objections とは、気になっている女の子(反対意見)とデートすること(議論の中核に取り込むこと)です。

これだとわかりやすくないですか(笑)。以下に、反論の3つの方法をそれぞれ使ったサンプルを挙げます。それぞれの反論方法の違いを味わってください。




Sample 1: Acknowledging

以下の文章で書き手は「核燃料サイクルは不必要である」という見解を取っています。

「無限エネルギーを生み出す核燃料サイクルは資源のない日本にとって必要不可欠である」という反対意見に対する認識を表現していますが、書き手は、この反対意見を「核燃料サイクルを推進する理由」として同意していません。

つまり、その反対意見の重要性を認めるが同意はしない ( acknowledging ) という反論方法を使っています。

  

          In the high economic growth period, Japan enjoyed the trade surplus by exporting cars. However, Japanese car companies have been transferring the places of factories from Japan to Asia since 2000. Consequently, Japanese trade surplus has been decreasing. Additionally, since the nuclear power plants in Japan stopped the operations after Fukushima Daiichi nuclear disaster, the imports of natural gas increased. As for 2014, the imports and exports are competing. Hereafter, unless the miracle that Japan succeeds to extract methane hydrate which is buried under the seas near Japan happens, Japan must change from a trade surplus country to a trade deficit country. It is natural that under these circumstances Japanese government cannot give up the completion of nuclear fuel cycle, which .generate infinite energy theoretically. However, I think that nuclear fuel cycle is needless by several reasons.


<訳>
          高度経済成長期に日本は自動車の輸出によって膨大な貿易黒字を享受しました。しかし、2000年以降、日本の自動車会社は工場の場所を日本からアジアへ移し続けています。その結果、日本の貿易黒字は減り続けています。加えて、福島第一原発事故以降、国内の原発は稼働を止めたため、天然ガスの輸入額が急増しました。2014年現在、日本の輸出額と輸入額は拮抗しています。今後、日本は、日本近海に埋蔵されるメタンハイドレートの抽出に成功するという奇跡でも起きない限り、貿易黒字国から貿易赤字国に転落するにちがいありません。このような状況下では、日本政府が理論上無限のエネルギーを生み出す核燃料サイクルの完成をあきらめられないのは当然です。しかし、私は以下に述べる理由から核燃料サイクルは不必要であると思います。




Sample 2: Conceding

以下の文章で、「核変換の実用化という核のゴミに対する解決策は時間がかかりすぎる」という、予想される反対意見を、正しいと容認、同意しています。しかし、それでも、核変換の実用化が最良の解決法であると提案しています。 つまり、「その反対意見は正しい」としぶしぶ同意する ( conceding ) という反論方法を使っています。

  

          The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) in Japan is supposed to undertake building an experimental facility for the technology of nuclear transmutation at Tokaimura in Ibaraki prefecture in fiscal 2016 and to start operation during 2020’s (“Nuclear Trash” 14). It is good news that MEXT finally started an action about the technological development for nuclear transmutation. However, according to The Energy Torrent II: The Compensation of Desire: Can We Avoid the Catastrophe?, which NHK broadcasted on May 26, 2014, the practical application for nuclear transmutation would complete after 2050 since the present technology is in great trouble with transforming a gram of transuranium elements into elements which have short half-lives.
          Even though the practical application of nuclear transmutation still takes a half century, it is the reasonable way for disposing radioactive wastes to execute the three-step-disposal of radioactive wastes: terminal storage, nuclear transmutation, and geological disposal. Japanese government should abandon the practical application of nuclear fuel cycle gracefully, and then honestly ask Aomori prefecture to keep the spent fuel wastes and the vitrified radioactive wastes, not until the practical application of nuclear fuel cycle but until the practical application of nuclear transmutation. If Aomori prefecture refuses the request, Japanese government has to consider about terminal storage on the sea far out from an uninhibited island. Then, Japanese government has to pass the budget for unnecessary nuclear fuel cycle to the budget for the technology development of nuclear transmutation, based on the selection-and-concentration thinking.


                                                  Works Cited

  

“「核のゴミ」低リスク化――加速器活用、中性子を照射 [Nuclear Trash: Making Nuclear Wastes Low-Risk by Using of the Accelerator and Irradiating Neutrons].” Nikkey (morning). 19 Aug. 2014: 14. Print.

  

“第2回 欲望の代償 破局は避けられるのか [Episode II The Compensation of Desire: Can We Avoid the Catastrophe?].” The Energy Torrent [エネルギーの奔流]. NHK. Tokyo. 26 May. 2014. Television.

  


<訳>
          文部科学省は、2016年度から茨城県東海村にて核変換技術の実験設備の建設に着手し、20年代に運転を開始する予定です(“核のゴミ” 14)。文部科学省が核変換技術の開発のために重い腰を上げたのは良いニュースです。しかし、2014年5月26日にNHKが放送した「エネルギーの奔流 第二回:欲望の代償 破局は避けられるのか」によると、今の核変換技術では1グラムの超ウラン元素を短寿命の元素に変換するのにさえ四苦八苦しているため、実用化には2050年以降までかかるそうです。
          核変換の実用化にはまだ半世紀かかりますが、最終貯蔵、核変換、そして地層処分という、放射性廃棄物の三工程処分を実施することこそが、放射性廃棄物を処分するための理にかなった方法です。日本政府は核燃料サイクルの実用化を潔く断念し、青森県には「核燃料サイクルの実用化まではなく、核変換の実用化まで核燃料と高レベルガラス固化体を保管してほしい」と正直に頼むべきです。もし、青森県がその要請を拒否するなら、日本政府は無人島の沖合での洋上最終貯蔵を考えなければなりません。そして、不必要な核燃料サイクルの予算を、「選択と集中」の考え方で、核変換の技術開発の予算に回すべきです。


                                                  Works Cited

  

“「核のゴミ」低リスク化――加速器活用、中性子を照射.” 日本経済新聞(朝刊). 19 Aug. 2014: 14. プリント.

  

“第2回 欲望の代償 破局は避けられるのか.” エネルギーの奔流. NHK. 東京. 2014年5月26日. テレビ.




Sample 3: Refuting

以下の文章で、「再処理すれば使用済み核燃料の体積は減るのだから、再処理は必要である」という反対意見を予想し、論破しています。

  

          There is one of reasons that Japanese government promotes nuclear reprocessing: Since nuclear reprocessing greatly reduces the volume of spent nuclear fuels, nuclear reprocessing makes deep geological disposal easier. Is this true? According to the information the amount of nuclear wastes generated from nuclear fuel cycle, which was made by the federation of Electric Companies of Japan, after the nuclear reprocessing for 40 years, the volume of high-level vitrified radioactive wastes become 1/3 the volume of spent nuclear fuels, surely.

【 The Ratio of Volume 】
spent nuclear fuels : vitrified radioactive wastes = 1.5 : 0.6

However, nuclear reprocessing produces not only high-level vitrified radioactive wastes but also operation wastes.

【 The Ratio of Volume 】
spent nuclear fuels : vitrified radioactive wastes : operation wastes = 1.5 : 0.6 : 5

That is to say, after the nuclear reprocessing for 40 years, the volume of radioactive wastes increases 6 times considering vitrified radioactive wastes and operation wastes (Sawai 61-63). Additionally, if Rokkasho Nuclear Reprocessing Plant runs, it will continue to emit a large quantity of gaseous radioactive waste and liquid radioactive waste. Of course, the volume of this gaseous-and-liquid radioactive waste is not counted as the volume of radioactive wastes which should be disposed under the ground since this gaseous-and-liquid radioactive waste “has already been thrown away somewhere.” Besides, by deconstructing decrepit Rokkasho Nuclear Reprocessing Plant after 40 years a large quantity of deconstruction wastes appear.


                                                  Works Cited

  

Sawai, Masako. “動けない六ヶ所再処理工場 [Rokkasho Reprocessing Plant Being Stuck].” 破綻したプルトニウム利用――政策転換への提言 [The Failed Use of Plutonium: The Suggestion about the Policy Sift]. Ed. Citizen’s Nuclear Information Center, and Japan Congress against Atomic and Hydrogen Bombs. Tokyo: Ryokufu Publisher, 2010. Print.

  


<訳>
          日本政府が再処理を推進する理由の中の一つに「再処理は使用済み核燃料の体積を大幅に減らすため、再処理は地層処分をより簡単にする」があります。これは本当でしょうか。電気業連合会が作成した資料「サイクル事業から発生する廃棄物量」によると、確かに、40年間の再処理後に生まれる高レベルガラス固化体は、再処理前の使用済み核燃料の体積の1/3になります。

【 体積比 】
使用済み核燃料:高レベルガラス固化体 = 1.5 : 0.6

しかし、再処理は、高レベルガラス固化体だけでなく、操業廃棄物を作り出します。

【 体積比 】
使用済み核燃料:高レベルガラス固化体:操業廃棄物 = 1.5 : 0.6 : 5

つまり、高レベルガラス固化体と操業廃棄物を考慮すると、放射性廃棄物の体積は40年間の再処理後、約6倍に増えます(澤井 61-63)。さらに、六ヶ所再処理工場が稼働すれば、大量の放射性気体廃棄物と放射性液体廃棄物を毎日放出し続けます。放射性気体廃棄物と放射性液体廃棄物は”もう、どっかへ捨てちゃった”ので、当然、地層処分すべき放射性廃棄物の体積には含まれていません。加えて、40年後、老朽化した六ヶ所再処理工場の解体によって大量の解体廃棄物が発生します。


                                                  Works Cited

  

澤井, 正子. “動けない六ヶ所再処理工場.” 破綻したプルトニウム利用――政策転換への提言. Ed. 原子力資料情報室 and 原水禁. 東京: 緑風出版, 2010. プリント.