発表力養成英語

英語発音

◆Pronunciation
英会話で「クソ!」と言えない日本人~sitとshitの発音の違い~




私にとって、その発音が下品すぎて、なかなかちゃんと聞きたくても聞けなかった英語発音がありました。それは shit の発音です。

眉間(みけん)にしわを寄せて(?)アヒルのように唇を縦に広げて発音する、あの shit です。こんな発音、日本語にはありません。余談ですが、満面の笑顔で 「 shit! 」と言える人はいるのでしょうか?私にはできません。もしできる人がいれば、お笑いの一発芸になるかもしれません(笑)。

sit と shit の発音をみなさんはちゃんと使い分けて言えますか?聞き取れますか?

飼い犬を座らせる時、「 sit! (お座り!)」と言いますが、私にはそれが「 shit! (糞をしろ!)」にも聞こえたのです(笑)。

アメリカ留学中、アメリカの大学には、留学生が大学の授業に付いていけるようにESLクラスが設けられており、アメリカ人大学生たちが家庭教師を務める専用の小さな教室もありました。

そのESL教室でアシスタントとして働いているアメリカ人女子大生(大学4年生)がいました。彼女はブロンド髪の長身で、お嬢さん風です。大学を卒業したら弁護士を目指してロースクールへ行く予定だと言っていました。そんな彼女に私は下記の教えを乞いました。

「 sit と shit の発音の違いが判らないんだけど、 shit の発音ってどうやるの?」

最初、この質問に彼女はちょっと戸惑っていましたが、生(なま)shit発音を私の目の前で披露(?)してくれました。

アメリカ人の女子大生:「(縦広げのアヒル唇で)シィーッ(息漏れ音)ってやるのよ。シィーッ。」

私は感動しました。やっぱり、あのアヒル唇になっています。

その後、机に座り、二人で何度も、縦広げのアヒル唇でお互いに「 shit! 」を連発し、言い合っている(ののしりあっている)と、他のアシスタントであるアメリカ人の女の子(大学二年生)が、ESL教室に入ってきました。そして、「shit!」と連発している私たち二人を怪訝そうな表情で見ていました(笑)。

この時のESL教室での猛特訓(?)のおかげで、私は飼い犬に対して、「 shit! (糞をしろ!)」ではなく、「 sit! (座れ!)」と、ちゃんと使い分けて言える自信が今ではあります。犬もちゃんと間違わずに聞き取れることでしょう。

「 sit! (お座り!)」、「 set! (準備!)」、「 shit! (糞をしろ!)」を早口で、舌がもつれずに連続して十回言えたら、あなたの shit の発音は世界中どこでも通用します。声のよく響くお風呂場・洗面所などで、人にあまり聞かれないように練習してみてください。あのアヒル唇を(笑)。