発表力養成英語

英文記号

◆Commas
カンマの使い方~commas~




Part I: 等位接続詞の前に置くカンマ

基本的に、主節と主節をつなぐ等位接続詞の前にはカンマ ( , ) を使います。

  

I danced with Adam at the party, and I noticed he was my right guy as my boyfriend.
(私はそのパーティーでアダムと踊った。そして彼が私のボーイフレンドとして「私の正しい男」と気づいた。)

I must ask him out when I meet him at library next time, or he never ever notice that I am interested in him as my boyfriend.
(私は今度、図書館で彼に会った時、彼をデートに誘わなければいけない。そうでないと、彼は私が彼をボーイフレンドとして興味があることを決して気づかない。)

つなぐ主節がカンマ ( , ) を含んでいる場合、 セミコロン ( ; ) でつなぎます。

  

When I met him at library by accident, I somehow tried to increase the quantity of communication with him; but he had been concentrating on writing his urgent research paper, not on my talk.
(偶然、彼と図書館で会った時、私は何とか彼とのコミュニケーション量を増やそうと試みた。しかし、彼は、私の話ではなく、緊急のレポートを書くことに没頭し続けていた。)

It was bad timing both to me and to him. As a result, I failed in asking him out; yet I will try again next time, with enough preparation.
(それは私にとっても、彼にとっても、悪いタイミングだった。結果として、私は彼をデートに誘うことに失敗した。しかし、次の時には十分な準備をして、再びトライするつもり。)

短い主節同士は、カンマを省略してつなげることができます。カンマを省略しても、その文の理解に混乱が生じませんから。

  

He must be my right guy but I may not be his right girl. Life is always difficult.
(彼は私のライトガイに違いない。でも、私は彼のライトガールではないかもしれない。人生っていつも難しい。)

カンマがないと混乱する場合は、カンマを積極的に付けてください。

  

< CONFUSING >
He asked me to take him downtown for his car was disorder. I appreciated my God at that time.

< REVISED >
He asked me to take him downtown, for his car was disorder. I appreciated my God at that time.
(彼の車が故障しているため、ダウンタウンまで私の車に乗せてほしいと彼に頼まれた。私はその時、神様に感謝した。)

等位接続詞を省き、カンマだけでつなぐと、 comma splices の文になってしまいます。

  

< COMMA SPLICE >
He must be my right guy, I may not be his right girl.

< COMMA SPLICE >
He asked me to take him downtown, his car had been disorder.

もちろん、comma splices の文はわかりにくいので避けてください。

繰り返しますが、面倒くさがらずに、主節と主節をつなぐ等位接続詞の前には積極的にカンマを使ってください。コンマを等位接続詞の前に使うと、読んでいてわかりやすいですから。

しかしながら、揺れる乙女心を示す例文と事務的な解説のコラボレーションがミスマッチ過ぎて、クスクス笑ってしまうのは私だけでしょうか(笑)。





Part II: 非制限要素を表すためのカンマ

単語、句、節には、制限要素 ( restrictive element )非制限要素 ( nonrestrictive element ) とがあります。受験英語で制限用法と非制限用法って習いましたよね。この非制限用法で、カンマ ( , ) が重要な役割を担っています。

  

< RESTRICTIVE >
Baseball players whose batting averages are over .300 are regarded as super players.
(打率3割を超える野球選手たちはスーパースターとみなされる。)

< NONRESTRICTIVE >
As for now, Ichiro, who has achieved 4000 hits total, belongs to New York Yankees.
(4000本安打を達成したイチローは、今現在、ニューヨークヤンキーズに所属している。)

最初の文において、 whose batting averages are over .300 がなければ、文は意味不明になります。したがって、 whose batting averages are over .300 は restrictive element (制限要素)となります。

二番目の文において、 who has achieved 4000 hits total は、追加の情報であり、これが無くても文の意味は通じます。したがって、 who has achieved 4000 hits total は nonrestrictive element (非制限要素)となります。


形容詞節と副詞節の非制限用法

形容詞節と副詞節の非制限用法とは、あってもなくてもいい従属節の用法ですね。

  

< NONRESTRICTIVE CLAUSES >
Ichiro, although he had been in a slump recently, hit a good-bay homerun yesterday.
[ The clause is not essential to the meaning of the independence clause and is therefore nonrestrictive. ]
(最近スランプに陥っていたにもかかわらず、イチローが昨日、サヨナラホームランを打った。)

< RESTRICTIVE CLAUSES >
Koshi-en is a place where many dramatic games are made by high-school boys every summer.
[ The clause restricts the meaning of a place. Without the clause the sentence is meaningless. ]
(甲子園は、たくさんのドラマチックなゲームが毎年夏、高校の男子によって生み出される場所です。)

一般的に、制限用法の節では that 、非制限用法の節では which を使用した方がいいみたいですが、特にそうしなければいけないわけではありません。制限用法の節でも、 that の変わりに which を使っても良いです。書き手のお好みでどうぞ。


分詞と前置詞句の非制限用法

分詞と前置詞句は、一般的に制限要素で使われていますが、非制限要素としても使えます。

  

< NONRESTRITIVE PHRASES >
Koshi-en, used as a home stadium of Hanshin Tigers, is a place where many dramatic games are made by high-school boys every summer.
(阪神タイガースのホーム球場として使われている甲子園は、たくさんのドラマチックなゲームが毎年夏、高校の男子によって生み出される場所です。)


同格表現の非制限用法

同格表現は、その文において追加の情報であり、必須の情報ではありません。非制限要素であるため、カンマにて分断されます。

  

< NONRESTRICTIVE APPOSITIVES >
As for now, Ichiro, who has achieved 4000 hits total, belongs to New York Yankee, one of the most popular clubs in Major League.
(4000本安打を達成したイチローは、今現在、メジャーリーグにおいて最も人気のあるチームの一つであるニューヨークヤンキーズに所属している。)

上記の例文において、カンマは大活躍です。
as for now  [ 文の前置き要素 ]
who has achieved 4000 hits total  [ 非制限要素の形容詞節 ]
one of biggest clubs in Major League  [ 非制限要素の同格表現 ]

どういう意味でそこにカンマが置かれているのか、チェックしてみてください。たかがカンマ、されどカンマです(笑)。




Part III: 連続する等位形容詞に使うカンマ

等位形容詞 ( conjunctive adjectives )

等位接続詞には、and 、あるいはカンマ (,) が必要です。並び方を変えても、描写に変化はありません。

  

< CORRECT >
She is a pretty and intelligent girl.

< CORRECT >
She is a pretty, intelligent girl.

しかし、等位接続詞とカンマを両方同時に使うのは間違いです。

  

< INCORRECT >
She is a pretty, and intelligent girl.


累積形容詞 ( cumulative adjectives )

等位形容詞が出てきたので、ついでに累積形容詞について解説します。累積形容詞にカンマは必要ありません。そして、正しい並び方を変えると、描写がスムーズに伝わりません。

  

< INCORRECT >
Adam bought a mountain green nice bike.

< REVISED >
Adam bought a nice green mountain bike.

上記の例文のように、累積形容詞を並べていく順番には決まりがあります。

  

<累積形容詞を並べる順序>

1. Determiner (決定詞): a, an, the, this, these, my, your, someone’s, Amanda’s, a few, many, some, much
2. Order or Number (順番と数): first, second, next, last, one, two, three
3. Evaluation (評価): simple. beautiful, easy, diligent, arrogant
4. Size or Length (大きさと長さ): small, large, tall, short, long
5. Shape or Width (形と幅): round, circular, narrow, wide
6. Condition (状態): broken, dilapidated
7. Age (年): old, young, new, modern, up-to-date
8. Color (色): red, blue, white, black
9. Nationality (国籍): Italian, Japanese, American, Spanish
10. Religion (宗教): Christian, Muslim
11. Material (素材): plastic, iron, wood
12. Noun as Adjective (形容詞として使われている名詞): kitchen table, flower arrangement, college student
13. The Noun (名詞)

上記の順番は、あくまでも概要です。当然、さまざまな例外に出会うこともあります。

  

< INCORRECT >
Kristen decided to cut red curly long her long hair.

< REVISED >
Kristen decided to cut her long curly red hair.
1. Determiner: her
4. Length: long
5. Shape: curly
8. Color: red

< INCORRECT >
Adam bought a mountain green nice bike.

< REVISED >
Adam bought a nice green mountain bike.
1. Determiner: a
3. Evaluation: nice
8. Color: green
12. Noun as adjective: mountain

この順番に並べると、名詞の修飾がスムーズに行われている気がします。「大きなくくり」から、「より詳細なくくり」に落とし込んでいく感じでしょうか。

ちなみに、等位接続詞は、Evaluation(評価)を表す単語が連続して並んでいることにお気づきになりましたでしょうか。

  

She is a pretty, intelligent girl.

I am enjoying a simple, happy life in countryside.

上記の順番の法則において、等位形容詞は横に伸ばしていくイメージで、累積接続詞は縦に伸ばしていくイメージですね。

このように、等位接続詞は、Evaluation(評価)を表す単語が連続して並びます。評価を表す単語が並んでいたら、カンマで区切ってください。累積形容詞が並んでいる時は、カンマで区切る必要はありません。




Part Ⅳ: 前置き要素を支えるカンマ

カンマ ( , ) って、目立たないけど、いろんなところに出てきて、バックアップサポート (backup support) をしてくれる、黒子(くろこ)みたいな存在です。この黒子は、いてもいなくてもいいみたいに見えるけど、いないとちょっとした不具合が起こる。実は重要な役割を果たしているのですね。

カンマは、次の前置き要素の後に置かれます。

  

adverbs (形容詞)+ ,
conjunctive adverbs (接続的な副詞)+ ,
transitional expressions (移行句)+ ,
adverb clauses (副詞節)+ ,
participle (分詞), infinitives (不定詞), or various kinds of phrases (句)+ ,

以下に前置き要素を下線を引いで表示して列挙します。

  

Unfortunately, the baseball game was postponed by the sudden rain.
[ adverb (副詞)]

Adam wanted to be a lawyer; therefore, he majored in criminal justice at college.
[ conjunctive adverb (接続的な副詞)]

Output accelerates input; on the other hand, input accelerates output.
[ transitional expression (移行表現)]

Since I was supposed to participate in a meeting in the afternoon, during the lunch time I somehow booked the airplane ticket.
[ adverb clause (副詞節)]

Watching TV, he was eating ramen at a Chinese restaurant.
[participle phrase(分詞句)]

To discuss about the issue while opening each laptop, we entered a coffee shop.
[ infinitive phrase (不定詞句)]

もし、カンマを省略しても、文の意味に混乱が生じないようであれば、カンマを省略してかまいません。

  

< CLEAR >
By the end of this month I would be busy with the paper work.

< CLEAR >
On the last June we got married.


< CONFUSING >
After final exams in May summer vacation starts.

< REVISED >
After final exams in May, summer vacation starts.
(五月の期末テストの後、夏休みが始まる。)

やっぱり、カンマという黒子がサポートしてくれると、単語、句、節という舞台俳優さんたちは、安心して、のびのびと演じられますね。




Part Ⅴ: 移行表現と挿入表現に使うカンマ

移行表現 ( transitional expressions ) とは、 conjunctive adverbs (接続的副詞)と transitional phrases (移行句)のことです。

挿入表現 ( parenthetical expressions ) は、 補助的情報として、あるいは余談・脱線として、本文に挿入されます。(挿入表現は、あってもなくても、本文の意味を変えることはありません。)

移行表現と挿入表現は、カンマにより、主節から分離されます。カンマで分離させないと、移行表現、あるいは挿入表現であることがわかりにくいです。

  

< TRNSITIONAL >
His girl friend is, in fact, so cute. However, he cheated on her. He is, therefore, so stupid.
(彼の彼女は実際、とてもかわいい。しかし、彼は浮気をした。したがって、彼は大バカだ。)

[ 移行表現は、文のどこにでも挿入できますが、動詞と目的語の間には挿入できません。be動詞と補語の間には挿入できます。 ]

< PARRNTHETICAL >
Drinking a cup of coffee has both stimulant effect and, surprisingly, sedative efffect.
(一杯のコーヒーを飲むことには覚醒作用と、意外にも、鎮静作用の両方がある。)

移行表現と挿入表現はカンマを使って区切ってください。そうでないと大変読みづらいです。

上記の例文を使って、以下にカンマなしのテストをしてみます。

  

< NO COMMMA >
She is in fact so cute. However he cheated on her. He is therefore so stupid.

< REVISED >
She is, in fact, so cute. However, he cheated on her. He is, therefore, so stupid.

やっぱり、カンマがあった方が断然読みやすいです(笑)。




Part Ⅵ: 項目の間のカンマ

シリーズの項目の間に置かれるカンマは、アカデミック・ライティングでは、ほぼ欠かさず使います。

三つ以上の単語、句、節を、パラレリズム(並立) ( parallelism ) を使って並べる時、カンマを使います。

  

At every Friday night, on the way home, Japanese salaried workers need edamame, yakitori, and beer.
(毎週金曜日の夜、家路に向かう道すがら、日本人サラリーマンは枝豆、焼き鳥、そしてビールを必要とする。)

To use properties as charades, to let each characters struggle, to raise suspense―all are essential to write scripts for dramas. (シャレード(謎を持つもの)として小道具を使うこと、それぞれのキャラクターを葛藤させること、サスペンスと起こすこと、これらすべてがドラマの脚本を書く際、必須となる。)

With his trembling knees, with light in his head, but against his cowardice, he started to speak toward the audience in the hall.
(そのホールにて、膝を震わせながら、頭を真っ白にしながら、しかし、自分の臆病な心と闘いながら、聴衆に向けて話し始めた。)

When you feel that the controversial issue is intricate, when you come up with a unique point of view about the controversial issue, and when you think that no one but you can speak about the controversial issue seriously and humorously, the controversial issue is yours.
(その「議論すべき議題」を難解だと感じ、その「議論すべき議題」についてユニークな観点を思いつき、そして、自分以外に「議論すべき議題」について真面目に、ユーモラスに話すことはできないと思う時、その「議論すべき議題」はあなたのものである。)

カンマとパラレリズムを自由自在に使えるようになると、英語文章を書くことが、俄然(がぜん)、楽しくなります。




Part Ⅶ: 対照要素とタグ質問に使うカンマ

対照要素

対照要素 ( contrasting elements ) を文に挿入する場合、主節と区分けするためにカンマが使われます。

  

< INCORRECT >
Eventually, his sense of humor not his looks made her decision to marry him.

< CORRECT >
Eventually, by his sense of humor, not his looks, she decided to marry him.
(結局、彼女は彼のルックスではなく、彼のユーモアのセンスで彼との結婚を決心した。)

< INCORRECT >
You need to pay the price of time not money to make your business successful.

< CORRECT >
You need to pay the price of time, not money, to make your business successful.
(あなたのビジネスを成功させるため、あなたはお金ではなく、時間という代価を払う必要がある。)

タグ質問

タグ質問 ( short questions “tagged on” ) を文尾に付ける場合、主節と区分けするためにカンマが使われます。

  

< TAG QUESTIONS >
He is handsome, isn’t he?

< TAG QUESTIONS >
She is so cute, isn’t she?

< TAG QUESTIONS >
You are not hungry, are you?

対照要素とタグ質問という「逆のことを表現する要素」を文に挿入しています。読み手が混乱しないように「逆のことを表現する要素」をカンマで仕切ってあげてください。