発表力養成英語

英文法

◆Grammatical Sentence Types
単文、重文、複文、そして重複文




このページは受験生のみなさんにとっては復習です。英文のタイプには下記の4種類があります。たった4種類です。




Simple Sentences(単文)

従属節を持たない主節のみの文です。重なった主語や重なった述語を持っていても単文です。修飾語や修飾句を伴っていても単文です。

以下に、 homonyms (同音異義語と類音異義語)である、 accept / except を使って例文を作りました。

  

<SIMPLE >
My family except my youngest brother accepted to participate in my wedding in Hawaii.

[ 主節は主語と動詞を持っています。 ]




Compound Sentences(重文)

従属節を持たずに、二つ以上の主節が等位接続詞 ( and, but, for, or ) つながった文です。

以下に、 homonyms (同音異義語と類音異義語)である、 affect / effectallude / eludeallusion / illusion を使って例文を作りました。

  

<COMPOUND >
As childhood, he was affected by the effect of computer graphics in the movie Star Wars, but he alluded to the fact that the story of the movie eluded him.

< COMPOUND >
My girlfriend’s makeup makes a fantastic illusion on her faces, and her makeup also makes the allusion that the illusion would disappear after she washes her face.

[ 主節と主節をつなぐ等位接続詞をイタリック体(斜体)にしました。 ]




Complex Sentences(複文)

一つの主節と一つ以上の従属節がつながった文です。

以下に、 不規則動詞であり、なおかつ類音類義語である、 lay / lieraise / rise を使って例文を作りました。

  

< COMPLEX >
“According to this ancient writing, a vampire has lain in this coffin since . . . I cannot read it,” whispered Adam.
“And the vampire predicted that he or she rose this year,” Mike said frightened.
“We need to raise this rid to say, ‘hello!’ to the vampire,” said Tom “I can help you guys if you guys want to ,” said someone inside of the coffin.
All of sudden, two arms inside of the coffin raised the rid slowly. “You guys should help me! This is pretty heavy!” said a girl inside of the coffin as she was still lying .
“Girl?” shouted the boys at once. Mike laid his flashlight on the floor, and then all the three boys started raising the rid.

[ 従属節に下線を引きました。 ]




Compound-Complex Sentences (重複文)

二つ以上の主節と一つ以上の従属節がつながった文です。

以下に、 homonyms (同音異義語と類音異義語)である、 want to / won’t を使って例文を作りました。

  

< COMPOUND-COMPLEX >
Actually, I want to eat this chocolate cake because I love chocolate , but I won’t eat this chocolate cake because I hate having pimples all over my face and going to dentist for cavity .

[ 主節と主節をつなぐ等位接続詞をイタリック体(斜体)にし、従属節に下線を引きました。 ]




この、単文・重文・複文・重複文を理解したうえで、英文を書いていくことになります。これら、4種類の文を繰り出していきます。簡単でしょ(笑)。それでは、英語文章を自らの手で書く世界へ。