発表力養成英語

英語エッセイ

◆Arguing a Position: Planning and Drafting
見解を議論する英語エッセイの書き方:「目標設定とアウトラインと下書き」編




Step 1: 目標を設定する

下書きを書く前に、この下書きを書くにあたって目指すべき目標 ( goals ) を設定しましょう。あなたの目標が何のかを見つけるために、以下の質問に答えてみてください。

  

読者についての目標
●私の読者は誰?
●私はこの読者に対して書くことにより、何を成し遂げたい?
→ 読者の意見を変えたい?
→ 私の議論を真面目に考えて欲しい?
→ この論点について何か行動を起こすことを促す?
●どうしたら、私がこの論点について知識があり、公正である人間であると読者は思ってくれる?


始め ( the beginning ) についての目標
●どんな出だしが読者の興味を引き起こす?
→ 明るい会話調の出だし?
→ この論点と自分が関わりがあることを述べている秘話 ( anecdote) ?
→ 驚くべき統計データを引用する?


その論点の提示についての目標
●読者がこの論点を具体的にイメージすることができるようにするため、どんな例 ( examples ) を多用するべき?
→ 現実の例?
→ 仮説の例?
●この論点が重要であることを示すために
→ 統計データを引用する?
→ 権威が述べた言葉を使う?
→ きちんと議論しない場合のマイナス影響を説明する?
→ 最初は信じること難しい矛盾 ( a paradox ) としてその論点を提示する?


議論の進行についての目標
●私の見解に対する読者の賛同をどのようにして得る?
→ 私の見解をサポートする数々の理由が論理的だから?
→ この論点に関する秘話を話すことで?
→ 利点を指摘することで?
→ 私の見解に賛同しない場合のマイナス結果を強調することで?
→ リサーチから、説得力のある引用をすることで?
●もし、私が複数の理由を持っているなら、どの順番でその理由を並べる?
●エッセイの始めで、予告文を使って、
→ 私の見解をサポートする理由を予告する?
→ 私の反論を予告する?
●私の見解に対する、どんな読者の疑問を予想する?
→ その疑問に同意しても、私の議論にダメージを与えない?
→ どんな疑問でも疑問なら論破すべき?
●私の見解に対する、どんな反対見解を予想する?
→ その反対見解をサポートする統計データがこの論点とは関係がないことを示して、反論する?
●私の理由を秘話を話すことでサポートする?


終わり ( the ending ) についての目標
●どのように議論を終える?
→ 私の見解とその理由を何度も繰り返す?
→ 異なる忠節 ( allegiance ) を持つ読者を、共通の価値観でつなぎ、まとめる?
→ この論点に関して待ち受けるその未来に言及して?
→ この論点に関して、変化し、行動を起こすように促して?
→ この論点に関する勇気と覚悟と挑戦に言及して?




Step 2: アウトラインを作る

「見解を議論するエッセイ」の要素は、4つの要素に分けられます。

  

● Presentation of the issue (論点の提示)
● A clear position (明確な見解)
● Reasons (理由)
● Anticipating questions and opposing positions (疑問と反対見解を予想すること)


読者があなたの見解に疑問、反感を持っているとわかっている場合

→ 読者が「あなたと読者が共通の価値観を共有していること」を理解できるように、その論点を再定義する?

→ あなたと読者の関係を強化するため、あなたの見解とその理由を提示する前に、「読者の疑問、あるいは反対見解が持つ賢明さ」に同意する?

→ 議論が進む中で読者と共有したいと願った共通の価値観を、エッセイの終わりで何度も繰り返し言う?

以下のようなアウトラインが考えられます。

  

1. Presentation of the issue
2. Concession to some aspects of an opposing position
3. Thesis Statement
4. First reason with support
5. Second reason with support
6. (etc.)
7. Conclusion (結び)


読者があなたの見解に賛同しているとわかっている場合

以下のようなアウトラインが考えられます。

  

1. Presentation of the issue
2. Thesis Statement
3. Your plausible reasons
4. First opposing argument with refutation
5. Second opposing argument with refutation
6. (etc.)
7. Conclusion (結び)




Step 3: 下書きを書く

目標設定とアウトラインが出来上がったら、下書きを書いてみましょう。

下書きはアウトラインの順番通りに書く必要はありません。書きにくいパートを飛ばして書いたり、後ろのパートから前のパートへ戻って書いたりしてかまいません。

疑問と反対見解を持つ読者に対して書く際に心に留めておくべきことは、信用されるサポート ( credible support ) を載せることだけでなく、あなたと読者のそれぞれの価値観にもきちんと向き合うことです。