発表力養成英語

英文記号

◆Italics
イタリック体か、引用符か、それが問題だ




Part I: Words used as words

「単語として使われている単語」であることと示したい場合、引用符を使うのか、イタリック体を使うのかで、日本人のみなさんは混乱すると思います。

答えは、簡単です。引用符を使ってもいいし、イタリック体を使ってもいいです。どちらでもオーケーです。

  

< CORRECT >
The words “lay” and “lie” are frequently confused. So are “raise” and “rise.”

< CORRECT >
The words lay and lie are frequently confused. So are raise and rise.

ただし、引用符を最初に使ったのなら、次も引用符を使う。イタリック体を最初に使ったのなら、次もイタリック体を使う。consistency が大切です。そうでないと、読み手が混乱します。

  

< CONFUSING >
The words lay and lie are frequently confused. So are “raise” and “rise.”




Part II: Foreign words with translations

英語にとっての外国の単語(原語)はイタリック体で表示されます。イタリア語の spaghetti 、フランス語の chef、ドイツ語の kindergartan などのすでに英語の一部になっている単語はイタリック体にしません。

  

Takuya, who was a student from Japan, cooked the Japanese pancake, okonomiyaki, at the party. We truly love the pancake. Additionally, Takuya was a really good chef at the party.

翻訳において、原語をイタリック体で表示し、意味は引用符で閉じて表示します。

  

The Italian word dolce means “sweets.”

The Japanese word kawaii means “cute.”




Part III: The titles of songs and novels

「バンド名と曲名」、あるいは、「作家名と長い小説名とチャプター名」に使うのは、引用符でしょうか。それとも、イタリック体でしょうか。

本、長編小説、映画、新聞、雑誌、美術品、ミュージカル、テレビ番組、ラジオ番組、ジャーナル、パブリック・スピーチのタイトルにはイタリック体(斜体)を使います。

短い詩、短編小説、記事、エッセイ、歌、本の章、テレビ番組のエピソード、ラジオ番組のエピソードは引用符 ( “ ” ) で囲います。

  

“Top of the World” is one of Carpenters‘s most popular songs.
[ バンド名は引用符もイタリック体も使いません。カーペンターズはユニット名です。 ]

“Robinson” is one of Spitz’s most popular songs.

“Ultra Soul” is one of B’z’s most popular songs.

余談ですが、私がアメリカ留学中、私が大学寮の自分の部屋にいると、隣の部屋(アメリカ人同士の部屋)から浜崎あゆみの曲が流れていました。私は耳を疑い、アメリカの大学寮で、「え?ここは日本ですか?」と錯覚を覚えた思い出があります。

  

Jiro Asada’s short story “Poppoya” depicts a man who works for a small station.

Soseki Natsume’s I am a cat is one of the most popular novels in Japanese literature.

The most intriguing chapter in J.K. Rowling’s Harry Potter and the Deathly Hollows is entitled “King’s Cross.”

バンド名と作家名は、引用符もイタリック体も使わない。
[ つまり、 the name of an unit と the title of an author です。 ]

曲名と本の章には、引用符を使います。
[ つまり、 “the name of a song” と “the title of a chapter” です。 ]

短編小説の題名には引用符、長編小説の題名にはイタリック体を使います。
[ つまり、 the title of a long novel です。 ]

もっと簡単に言うと、
少ないページ数の作品の題名 → 引用符
多いページ数の作品の題名 → イタリック体(斜体)

となります。




Part Ⅳ: italics for emphasis

特別に強調したい単語がある時は、引用符ではなくイタリック体を使ってください。強調したい単語に引用符 ( “ ” ) を使うのは間違いです。引用符を使うと読み手からの過度の注目が集まるためです。

  

< INCORREC T>
After nuclear fission, the atoms which lost their neutrons become “zombies.” The “zombies” wander forever, searching for their “souls,” which are their neutrons lost.

< CORRECT >
After nuclear fission, the atoms which lost their neutrons become zombies. Searching for their souls which are their neutrons lost, the zombies wander forever.
(核分裂の後、中性子を失った原子は「ゾンビ」になります。その「ゾンビ」は自分たちの「魂」、つまり失った自分たちの中性子、を探して永遠にさまよいます。)

ただし、強調したい単語をイタリック体にする場合でも、控えめに、慎重にお使いください。

強調を意味するイタリック体を多用すると、そのイタリック体としての価値が下落(げらく)してしまいますので。

ちなみに、引用符 ( “ ” ) で、その単語を挟むと、作者がその単語を皮肉 ( sarcasm ) 、反語 ( irony ) 、あるいは懐疑的 ( skepticism ) な意味合いを込めて使っていることを示します。

  

The professional baseball team in Japan employed a last year's home-run king in major league. However, the home-run king hit no home-run during recent 10 games.
(その日本の球団は昨年度メジャーリーグのホームラン王を雇った。しかし、その「ホームラン王」は最近10試合で一度もホームランを打っていない。)


うーん。引用符なのか、イタリック体なのかは、もう眩暈(めまい)がします。ついでに言いますと、タイトル名では、イタリック体 ( italics ) と下線 ( underlines ) は交換可能 ( changeable ) です。うーん、さらに、眩暈(めまい)がしてきました。