発表力養成英語

英文法

◆Basic Grammar
動詞句と準動詞句~分詞句と動名詞句と不定詞句~




動詞句 ( verb phrases ) と準動詞句 ( verbal phrases ) は、その機能からして、まったく違います。

動詞句 ( verb phrases ) は、主となる動詞に助動詞がくっ付いて、その文、あるいは節の述語の役割をします。

  

If I hadn’t gotten a cold during the final exam period, my score in mathematics would have been better than C.
[動詞句 hadn’t gotten は従属節の述語です。もう一つの動詞句 would have been は主節の述語です。]

準動詞 ( verbals ) とは、分詞 ( participles ) 、動名詞 ( gerunds ) 、そして、不定詞 ( infinitives ) のことを言います。準動詞は動詞としては働きません。名詞、形容詞、あるいは副詞として働きます。

準動詞句 ( verbal phrases ) とは、「準動詞が修飾語、目的語、あるいは補語を率いた句」のことを言います。



Part I: 分詞句 ( participle phrases )

分詞句とは「現在分詞、あるいは過去分詞が、修飾語、目的語、あるいは補語を率いて形成した句」のことを言います。分詞句は名詞、あるいは代名詞を修飾する形容詞としてのみ働きます。(そう、分詞句は形容詞だったのです。)

  

Watching TV, he was eating ramen at a Chinese restaurant.
[分詞句を斜体に、分詞句が修飾する代名詞を太字にしました。]

Had worked for the beverage company for 20 years, she became a president of the company.

The waiter wiping tables by a cloth is my classmate.



Part II: 動名詞句 ( gerund phrases )

動名詞句とは、「動名詞が、修飾語、目的語、あるいは補語を率いて形成した句」のことを言います。動名詞句は名詞としてのみ働きます。動詞句は主格、主格補語、直接目的語、間接目的語、あるいは前置詞の目的語になります。

  

< SUBJECT (主語) >
Driving a sports car in mountains is exciting.

< DIRECT OBJECT (直接億適語) >
He enjoyed driving a sports car.

< INDIRECT OBJECT (間接目的語) >
His family did not want him driving a sports car because driving a sports car in mountains at high speed is dangerous.

< OBJECT OF A PREPOSITION (前置詞の目的語) >
He was excited by driving a sports car in mountains at high speed.



Part III: 不定詞句 ( infinitive phrases )

不定詞句は、「不定詞が、修飾語、目的語、あるいは補語を率いて形成した句」のことを言います。不定詞句は名詞、形容詞、あるいは副詞として働きます。

  

< NOUN (名詞) >
To chat with friends is to live.

< ADJECTIVE (形容詞) >
A coffee shop is a good place to chat with friends.

< ADVERB (副詞) >
We entered a coffee shop to discuss about the issue while opening each laptop.


受験英語では、「不定詞の名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法」を「ザ・文法」とばかりに何度も学生に練習させますが、このように、動詞句と準動詞句を体系化し、さらに分詞句と動名詞句と不定詞句を比較して見ていくと、また違った英文法の切り口が見えてきます。