発表力養成英語

リサーチ

◆MLA Documentation
MLAスタイルの文献リスト (Works Cited) :アンソロジー(紙媒体)




プリントされたアンソロジー ( anthology ) (その編集者が特定の基準に基づいて複数の作者による短編作品を集めて束にしたもの、選集)の Works Cited における文献情報の書き方について解説します。

アンソロジーを文献として使った場合の Works Cited に必要な文献情報は以下の通りです。番号順に並べます。

  

1.著者名
2.その著者の短編タイトル
3.アンソロジーのタイトル
4.編集者名
5.出版社のある都市
6.出版社名
7.出版年
8.媒体

例えば、次のような文献情報があったとしたら、どのように表記するでしょうか。

  

1.野口邦和、飯野淳
2.高レベル放射性廃棄物の処分とプルサーマル
3.どうするプルトニウム
4.館野淳、野口邦和、吉田康彦
5.東京
6.リベルタ出版
7.2007
8.プリント



1.著者名
Noguchi, Kunikazu, and Jun Tateno.

著者が二人の場合、1人目の著者名は
Last1, First1,
とラストネーム(姓)とファーストネーム(名)の順番を逆にします。

二人目の著者名は
and First2 Last2.
とファーストネーム(名)とラストネーム(姓)は通常の順番です。

つまり、
Last1, First1, and First2 Last2.
となります。


2.その著者の短編タイトル
“高レベル放射性廃棄物の処分とプルサーマル [The disposal of High Level Radioactive Wastes and the Plutonium Thermal Use].”

短編のタイトルは引用符 ( “” ) で挟みます。ピリオド ( . ) は閉じる引用府の内側に置きます ( .” ) 。

日本語は英語圏の人々にとって馴染みのない言語なので、日本語の原題の後に自分で英語に翻訳したタイトルをブラケット ( brackets ) ( [] ) で挟んで表示します。つまり、簡略化すると次のようになります。
“日本語のタイトル [Title Translated in English].”


3.アンソロジーのタイトル
どうするプルトニウム [What Will We Do with Plutonium?].

本のタイトルはイタリック体(斜体)で表示します。最後にピリオド (.) を打ちます。

日本語は英語圏の人々にとって馴染みのない言語なので、日本語のタイトルの後に自分で英語に翻訳したタイトルをブラケット ( brackets ) ( [] ) で挟んでイタリック体で表示します。つまり、簡略化すると次のようになります。
日本語のタイトル [Title Translated in English].


4.編集者名
Ed. Jun Tateno, Kunikazu Noguchi, and Yasuhiko Yoshida.

Ed. は “Edited by” を意味します。

複数にてなっても、編集者のファーストネーム(名)とラストネーム(姓)は通常の順番です。
Ed. First1 Last1, First2 Last2, and First3 Last3.


5.出版社のある都市
Tokyo:

最後にコロン ( : ) を打ちます。


6.出版社名
Liberta Publisher,

会社名は、 Inc. と Co. を省略した形で表示します。ですので、
Liberta Publisher Inc. → Liberta Publisher
と短縮します。最後にカンマ ( , ) を打ちます。


7.出版年
2007.

版(はん)を重ねているなら、最近の版の出版年を表示します。最後にピリオド ( . ) を打ちます。


8.媒体
Print.

全ての Works Cited の文献情報において、その媒体が何であるのかを表示する必要があります。

< MEDIUM >
Print, Web, Radio, Television, CD, Film, Video-cassette, DVD, Photograph, Performance, Lecture, MP3 file, PDF file

最後にピリオド ( . ) を打ちます。




上記の1、2、3、4、5、6をそれぞれ1スペースずつ空けて並べます。二段目になったら、5スペースを端から空けます。

  

Last1, First1, and First2 Last2. “日本語のタイトル [Title Translated in English].” 日本語のタイトル [Title Translated in English]. Ed. First1 Last1, First2 Last2, and First3 Last3. City: Publisher Name, 20XX. Print.

結果、次のように表記されます。

  

Noguchi, Kunikazu, and Jun Tateno. “高レベル放射性廃棄物の処分とプルサーマル [The disposal of High Level Radioactive Wastes and the Plutonium Thermal Use].” どうするプルトニウム [What Will We Do with Plutonium?]. Ed. Jun Tateno, Kunikazu Noguchi, and Yasuhiko Yoshida. Tokyo: Liberta Publisher, 2007. Print.




ちなみに、その文献情報を自動的に並べてくれる「サイテーション・マシーン」というウェブサイトがあります。

  

Citation Machine
http://www.citationmachine.net/

アメリカの大学生達も使っています。自分の作った文献リストの文献情報の書き方が間違っていないかを確認するために使ってみてください。